コバック枚方店
ニュース

ウォッシャー液を使ってフロントガラスの汚れを無くそう!役割・交換方法・種類を解説|車検のコバック枚方店

皆さんは運転していてフロントガラスにゴミが付いたり、汚れが付いたり、といったことはありませんか?

そんな時、ウォッシャー液が使われます。

日頃からよく使うので、液切れになってしまった経験もあるのではないでしょうか?

今回の記事では、ウォッシャー液の役割や交換方法、種類についてご紹介します。

ウォッシャー液の役割

みなさんは、ウォッシャー液がどんな役割を果たしているかご存じですか?

ウォッシャー液の役割は、車のフロントガラスやリアガラスの汚れを落とす役割を持っています。ウォッシャー液には汚れを落としやすくする成分が含まれています。

雨が降ったり、汚れが目立ったらウォッシャー液を使います。

ガラス面に液体を噴出させて、ワイパーを動かすことによって汚れを落とします。

汚れを落とすことで、視界を良くしてくれます。

また、ウォッシャー液はガラスが傷つかないようにする役割も持っています。

フロントガラスやリアガラスはキズに強い性質があります。しかし、ウォッシャー液を使わないでワイパーを動かすとガラス面を傷つけることなります。

ガラスを傷つけないようにするため、ウォッシャー液が使われます。

ウォッシャー液を使用すると、ワイパーとガラス面の摩擦をできるだけ少なくしてくれます。その効果としてガラスを傷から守る効果があるのです。

ウォッシャー液の種類

ここでは、ウォッシャー液の種類を紹介します。

ノーマルタイプ

このタイプが一般的なウォッシャー液です。

洗浄成分が配合されています。原液のまま使うものや、水で希釈するものがあります。

撥水成分入りタイプ

水をはじく撥水成分が入っています。

雨が降った時に、ガラスに雨水が付着するのを防いでくれます。

梅雨の雨の降る時期はこのタイプが最適です。

 

寒冷地仕様タイプ

このタイプは、寒冷地にお住まいの方におすすめです。雪や氷を溶かす成分が液体に含まれています。冬のドライブをする際に使うのが最適です。また、氷点下でもウォッシャー液が凍りにくいので、寒冷地で安心して使えます。

その他

ガラスについた油膜を取り除く成分や、虫の死骸を取り除いてくれる成分をもつウォッシャー液もあります。油膜の汚れが気になる方はぜひ使ってみてください。

ウォッシャー液の交換基準

安全にカーライフを送るために欠かせないウォッシャー液。

ウォッシャー液は、どのくらいの期間で交換すればよいのでしょうか。

もちろん交換のタイミングは車種にによって異なります。

おおよその目安としては、「半年に1回」が交換の基準です。

ウォッシャー液が多く使われる時期は残量を確認したほうが良いです。

例えば、雨の多い梅雨や冬場の季節は長時間運転した際に残量を確認しておくと安心できます。もう一つの目安として、定期点検やエンジンオイル、ワイパー交換のメンテナンスの際に同時に交換するの良いでしょう。

 

ウォッシャー液の交換方法

ウォッシャー液は自分で簡単に交換できます。

自分で交換する時のために、順序に応じて説明します。

 

ウォッシャー液には用途に応じて、いろいろなタイプがあります。

ウォッシャー液が無くなったり、少なくなったりしたときは、基本的にもともと入っていたタイプのウォッシャー液を補充するのが一般的です。

 

しかし、別のメーカーや異なるタイプのウォッシャー液を使用したい場合もあると思います。その場合は、一度タンクを空にして液を丸ごと入れ替える必要があります。

なぜなら、違うタイプの液体が混ざってしまうと、本来の効果が発揮されず、故障の原因になる可能性もあります。必ず一度タンクを空にして液を入れ替れましょう。

事前準備

 

交換するウォッシャー液と、ホース、バケツを用意します。

ウォッシャー液を抜く

ワイパーレバーを引き続けて、ウォッシャー液の量を減らしていきます。

1回で無理やりやろうとすると、ワイパーやモーターに負担がかかります。

ですので、数回に分けて作業をしましょう。

ウォッシャー液タンクの洗浄


ウォッシャー液がすべて無くなって空になったら、タンクを洗浄します。
まずはタンクに水を十分に注ぎます。
次に、用意したホースに水を入れます。こぼれないようにホースの両端を指で押さえます。
ホースの片側を、水がこぼれないようにタンクの補充口に差し込みます。

もう片方をタンクより低い位置に置いたバケツの中に入れます。

こうすることによってタンク内の水がバケツに流れ出します。

これを2~3回繰り返してタンク内を洗浄します。
ウォッシャー液タンクの洗浄が終わったら、新しいウォッシャー液を入れます

ウォッシャー液が出ないときの対処法

ウォッシャー液が出なくなったら、まずは液切れかどうかを確かめましょう。

もし、液が切れていないのにもかかわらず、ウォッシャー液が出ない場合は、次のようなトラブルが考えられます。以下の5つのポイントをチェックしましょう。

①ウォッシャー液を送るホースが外れている

②ウォッシャー液を送るホースが破損している

③ウォッシャーノズルがつまっている

④ウォッシャーポンプが故障している

⑤モーターが故障している

ウォッシャー液に問題がないのに、液体が出ない場合は、整備工場に相談談して解決するようにしましょう。

 

枚方市で車検を受けるなら車検のコバック枚方店

「枚方市で安くて品質の高い車検を受けたい」

そんな方はぜひ車検のコバック枚方店へお越しください!

車検のコバック枚方店は国の指定工場に認定されています。

国家資格を持ったプロの整備士が品質の高い車検を実現します。

お客様に立ち会いのもと、納得いく予算を提案します。

また、車検完了までのスピードにも自信があります。

当店では最短60分で車検を受けることができます。

そのため、車検を受けたその日にお客様のお車で帰ることが出来ます。

 

この記事を読んで車検のコバック枚方店で

車検を受けてみたい・見積もりを実施してみたい・エアコンフィルターの交換を依頼したい

と思った方は下記からぜひ気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

コバック枚方店HPはコチラ

無料のお見積りはコチラ

車検のご予約はコチラ

コバック枚方店の料金・割引はコチラ