コバック枚方店
未分類

ディーラー車検は高い?車検費用の業者別の特徴や費用を抑える方法

ディーラー車検

車を維持するのに不可欠な車検ですが、車を買ったディーラーでの車検は費用が高いことから躊躇される方もおられます。

一般的にディーラー車検は高いというイメージがありますが、入念なチェックや質の高い整備を実施していることが主な理由です。

この記事では、ディーラー車検が高くなる理由やどのようなメリット・デメリットがあるのか、さらに車検費用を抑える方法などをご紹介します。

\ 車検のご予約はこちら! /
コバック枚方店公式サイト

ディーラー車検は高いが整備の質も高い

整備

車検はさまざまな業者に依頼できますが、ディーラー車検とは車を販売しているディーラーに車検を依頼する方法です。

特定のメーカーのみを販売しているディーラーでは、車種ごとの特徴を深く理解していることから、信頼性が高いと判断している方も少なくありません。ディーラーで車を購入した方は、購入後のメンテナンスや車検も同じディーラーに依頼する方もおられます。

ディーラー車検は点検をより細かにしていることが多いです。整備の質が高い分、費用も高くなっています。きめ細やかなサービスを求める方におすすめの車検方法です。

ディーラー車検のメリット

ディーラー車検のメリットを見ていきましょう。

  • 純正パーツに交換する
  • 質の高い整備
  • 車種ごとの知識が豊富

純正パーツで整備している

車検の際に、劣化した部品や摩耗した部品を交換することがあります。ディーラーで車検を受けるなら、整備には純正パーツを使用します。他の業者では費用を抑えるために、純正以外のパーツを選択できますが、ディーラーでは純正を使用するのは特徴です。

純正以外の部品でも品質は確保されているとはいえ、純正部品はメーカーが販売しているので故障のリスクは抑えられるといえるでしょう。安全性を重視したいなら安心できます。

高い質での整備が期待できる

ディーラーで整備すると、信用を保つためにも高い質での整備が期待できます。点検の項目やマニュアル化も徹底されており、高いレベルでの点検や整備を提供している点が特徴です。

例えば、ハイブリッド車などは診断用のコンピューターがなければ、詳しい点検や診断ができません。もし診断用のコンピューターを以ている整備工場でも、診断するための技術がなければ整備ができないケースもあります。

一方でディーラーであれば、そのメーカーを専門に扱っているため詳しく点検できます。質が高い整備のために手間が発生するため、人件費が上乗せされていますが、故障のリスクを最大限低くするためといえるでしょう。ディーラーでしか作業できない整備もあるため、やはり質の高い整備が期待できます。

車種ごとの知識が豊富

ディーラーでは、取り扱っているメーカーの車種に熟知しています。構造の特徴やよく故障する部品などの情報が豊富なため、予防整備を行うタイミングや内容のアドバイスをくれることもあるでしょう。

数多くのメーカーを取り扱っている整備工場でも知識が豊富な業者もありますが、そのメーカーの構造に対する情報の多さではディーラーの方が有利です。

ディーラー車検のデメリット

ディーラー車検には、費用の他にもデメリットが存在します。

  • 車検費用が高い
  • 時間がかかることがある

車検費用が高い

車検費用が高くなる点は、ディーラー車検の主なデメリットです。車検には、どの業者に依頼しても同じ金額が必要となる「法定費用」と「車検料金と整備費用」があります。

「法定費用」は印紙代や自動車重量税、さらに自賠責保険料となっており、依頼先を問わず同じ金額です。車種によって料金が異なります。

「車検料金と整備費用」は、車検を行うための料金と追加整備に必要な費用です。ディーラーでの車検は、既述したように整備の質が高いため技術料も高めに設定されていることが多いです。また整備費用に関しては、純正部品が他のパーツを利用するときよりも高いこと、ディーラーでは予防整備が多くなることから高くなります。

時間がかかる場合がある

車検に必要な日数も、ディーラー車検は他の業者と比べて長くかかる傾向があります。車検専門店やカーアクセサリーショップなどでは、1日で車検が完了することが多いですが、ディーラーでは数日かかることがあります。

これには理由があり、入念なチェックや予防整備に手間がかかるからです。もちろん車両コンディションが良好で、他の入庫している車が少ないのであれば、1日で終わることもあるでしょう。車を預ける期間が気になっているなら、事前に確認しておくことをおすすめします。

ディーラー車検の費用の目安

ディーラー車検に必要な「法定費用」と「整備費用」の内訳をご紹介しましょう。

法定費用

法定費用は、以下の3つに分けられます。

  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 印紙代

これらの一定の費用を合算すると、車両別に以下の法定費用が必要です。

【法定費用の目安】

軽自動車 27,830円~
車両重量1,000kg以下 38,010円~
車両重量1,500kg以下 46,210円~
車両重量2,000kg以下 54,410円~

自動車重量税は、経過年数や燃費、さらに区分によって税額が変わるので、一定ではありません。自賠責保険料は、車両重量によって少し異なりますが、どの保険会社を利用しても同じ金額です。

整備費用

整備費用は、車検のタイミングで整備を行う費用です。車検を通すために必要な点検だけでなく、消耗・摩耗している部品の交換も含まれます。

車検基本料

車検基本料は、点検・整備費用、さらに事務手数料などが含まれています。これは業者によって異なるため、一定ではありません。

追加整備費用

車検に通るために必要な整備があるなら、追加費用が発生します。ディーラーでは万全を期して予防整備も多くなりがちなので、整備費用も高くなるケースがあります。もちろん整備内容は相談できるため、見積もりの際に車両コンディションと必要な整備についてよく聞いておくとよいでしょう。

他の業者ごとの車検費用

車検基本料は、業者によって変わります。ディーラーや整備工場では丁寧なサービスを期待できますが、その分費用も高めです。

業者 軽自動車 中型乗用車
ディーラー 38,000円~ 42,000円~
整備工場 25,000円~ 30,000円~
カー用品店 18,000円~ 18,000円~
ガソリンスタンド 14,000円~ 14,000円~
車検専門店 13,000円~ 13,000円~

※金額の目安です。

費用の目安と比較しても、ディーラーは他の業者よりも高めになっています。

業者によって数万円も費用が異なるため、どのような内容をチェックしているのか確認して、自分が納得できる業者に依頼するとよいでしょう。

ディーラー車検を安くする方法

ディーラー車検を安く受ける方法をご紹介しましょう。

  • 早めに予約する
  • 最低限の整備にする
  • キャンペーンを活用する

これらの方法を組み合わせると、ディーラー車検でも費用を抑えられる可能性があります。

早めに予約する

ディーラー車検に限りませんが、早めに予約すると早期割引がある可能性があります。早めに予約していると、整備の予想が立てやすいというメリットがあるため、割引してもらえることがあるのです。

期限ぎりぎりになってしまうと、整備の人員を確保できずに車検期限が過ぎてしまう可能性もあります。車検時期が近づいているなら、早めに予定を立てて予約しておくことをおすすめします。

最低限の整備にする

ディーラー車検では、予防整備というまだ使える部品でも、早めに交換することを勧められることがあります。予防整備には理由があり、2年後の車検までその部品が持たないと判断されるからです。

車を預けて整備する時間がないなら、予防整備しておくと次の車検まで安心して乗れるでしょう。一方で費用を抑えたい方は、部品が限界まで摩耗してから交換したい思うものです。日常のメンテナンスや整備のための時間をとれるかによって、予防整備するか決めるとよいでしょう。

最低限の整備にしておくと、ディーラー車検でも費用を抑えることが可能です。

キャンペーンを活用する

ディーラーによってはキャンペーンを実施している期間があるかもしれません。ディーラーの情報をよくチェックしておき、キャンペーンに該当するのであれば、期間中に予約するとよいでしょう。

安く車検を受ける方法は?

ディーラー車検以外も検討しているなら、安く車検を受けることが可能です。結論からすると、車検専門店での車検は、整備の質とスピード、さらに価格のバランスが取れているのでおすすめ。もちろん他の業者でも費用を抑えて車検を受けられます。

車検費用を抑えるなら見積もりは必須

車検費用を抑えるためには、1つの整備工場や業者ではなく、複数の業者にも見積もりしてもらうことをおすすめします。車検に合格するための整備や予防整備の費用は、業者によって異なるからです。

同じ整備工場でも、見積もりをして整備内容を相談するなら、項目を絞れるかもしれません。また他の業者と比較してみると、同じ整備内容でも安く整備できる業者を見つけられる可能性があります。

ディーラーだけでなく、車検専門店やガソリンスタンドなども含めて見積もり比較してみましょう。

整備が可能ならユーザー車検

ユーザー車検を検討できるケースもあるでしょう。ユーザー車検なら、法定費用のみとなり、車検基本料がないからです。費用を抑えることはできますが、自分で整備や点検をしたり、車両を持ち込んで車検を受ける必要があります。

新車から初めての車検や整備ができる方であれば、ユーザー車検でも必要な点検を行うことができるでしょう。車検に不合格になってしまった場合には、自分で整備を行い再検査する必要があるのに注意しましょう。

車検費用を抑えられる所を探す方法については、こちらの記事をご覧ください。⇓
車検費用が安い所を探すには?料金の比較や費用を抑えるポイントとは?

日頃からメンテナンスしておく

日頃からメンテナスしておくことでも車両のコンディションを保てます。良好なコンディションにしておくと、車検の際に必要な整備項目を減少させることができるでしょう。

例えば、ワイパーやバッテリーの交換などは、それほど難しくありません。定期的に点検しておき、カー用品店で購入して自分で交換できるものは交換しておくとよいでしょう。

メンテナンスの習慣があるなら、車の異常を早期発見でき、よいコンディションを維持しやすくなります。

車検のタイミングで乗り換えも検討できる

ディーラーを含めて、複数の業者に車検の見積もりをしたときに、意外と費用が高くなることもあります。車両状態に左右されますが、あまりにも整備費用が高いのであれば、乗り換えも検討できるでしょう。

たくさんの箇所を整備しても、他の場所の整備が必要になることもあるからです。走行距離や経過年数が増えてくるなら、どのタイミングで乗り換えるかも判断要素となります。
もちろん、車検費用よりも新車の方が安くなることはありませんが、車検のタイミングで乗り換えを検討される方は多いため一度検討してみるとよいでしょう。

ディーラー車検によくある質問

ディーラー車検が高いのはなぜ?

ディーラー車検は整備の質が高く、点検項目が多いことから車検基本料が高くなりがちです。入念なチェックを行い、予防整備も多くなるので費用は高いです。またディーラーでは専用のシステムを使用してその分質の高いサービスとなり、純正部品に交換するため、安心して車に乗れる点はメリットとなるでしょう。

他の業者とディーラーでの車検の違いは?

ディーラー車検と他の業者を比較したときの違いは、整備の質と点検内容です。民間業者での整備の質は、業者や担当する整備士に依存しています。その点、ディーラー車検であれば、整備の質は高い水準で維持されていると期待できます。

\ 車検のご予約はこちら! /
コバック枚方店公式サイト