コバック枚方店
ニュース

車検時に注意すべきこと!コバック枚方店のカミタケモータース

車検時に注意すべきこと!コバック枚方店のカミタケモータース

お車をお持ちの方に必ず訪れるのが車検の時期です。

新車の場合は3年目に初回車検、その他の場合は2年に1度必ず車検を受けなければいけません。

必ず受けるべきものですので、失敗はしたくありませんよね。

今回は車検時に注意すべき点についてご説明していきたいと思います!

みなさまの車検選びがより良いものになれば幸いです。

1つの業者で決めてしまう

車検を1つの業者だけで決めてしまうのは非常にもったいないことです。

業者によって、車検にかかる時間や価格帯は大きく異なります。

車検には以下の種類がございます。

ディーラー車検

ディーラーで車検を受ける最大のメリットは安心してお願いできるという点です。

車検に不備があり、事故や故障に繋がるとメーカーの責任になってしまいますので、より入念な検査を受けることができます。

また、ディーラーは純正パーツを取り扱っているため高品質のサービスを受けられるといったメリットがあります。

高品質な車検を受けられる一方で車検費用も高くなってしまいます。

他の車検方法と比べても数万円高い傾向にあります。

車の販売店の車検

車の販売店の特徴としては店舗数が多いことや、営業時間が長い店舗が多いため、ご自身の都合に合わせて車検を受けることが可能です。

車検費用においてユーザー車検には敵いませんが、他の業者よりも安く収まるという強みを持っています。

しかし、ディーラーほどの整備設備を持ち合わせていませんので品質面においては少し劣ってしまいます。

ガソリンスタンドの車検

ガソリンスタンドは車の販売店以上にご自身の都合に合わせた車検を受けることが出来ます。24時間営業の店舗も多いので、時間を選ばずに足を運べるのがガソリンスタンドの強みです。

ガソリンスタンドの車検も、車の販売店と同様にディーラーと比較すると品質面で少し劣ってしまいます。

また、ガソリンスタンド内で車検を行うわけではなく、提携先の工場に車検を依頼する場合がほとんどです。

ガソリンスタンドは車の販売をしていないので代車の貸し出しがない場合があるので注意が必要です。

整備工場での車検

整備工場は、車の販売店やガソリンスタンドと同程度の料金で品質の高い検査を受けることができます。整備工場の規模は様々ですが、中には敏腕整備士が在籍している場合があります。

しかし、どの工場でも腕の立つ整備士のサービスを受けることができるわけではありません。工場によって技術力の差が大きく、品質にも影響してきます。

どの整備士に整備をしてもらうかによって質のばらつきがあるという点がデメリットとして挙げられます。

ユーザー車検

ユーザー車検は、業者に依頼するのではなくご自身で車検を行うことです。

業者に車検をお願いする際にかかる代行手数料がかからないので費用を安く抑えることができます。

手間がかかってしまうので忙しい方には不向きかもしれませんが、

どうしても費用を抑えたいという方は挑戦してみても良いかもしれません。

業者だけでもこれだけの種類がありますし、たとえ同じディーラー車検でも会社によって値段や整備のサービスの質が異なります。

できるだけ複数の会社で見積もりをしていただいて、納得のいく車検を予約していただきたいです。

コバック枚方店のカミタケモータースは車の販売店の車検に含まれます。

販売店の車検が気になったら、お気軽にお声掛け下さい!

必要書類を失くした

こちらは主にユーザー車検に関する注意点です。

ユーザー車検とは先述の通り、個人で行う車検のことです。

業者の車検の場合は、必要な書類を事細かに教えてもらえますがユーザー車検の場合はそうはいきません。

必要な書類を全部自分で用意しなければいけませんから、日ごろから必要な書類はきちんと準備しておく必要があります。

また、引っ越しをする際にも注意が必要です。

住所が変わる場合は前もって管轄の警察署で車庫証明書を交付してもらう必要がありますし、新しい市区町村の住民票も取得する必要があります。

車検証の名義を変更する場合には印鑑証明書や戸籍謄本が必要な場合があります。

ユーザー車検を行う場合は車検を予約する前に、必要な書類が揃っているかを確認することが重要です。

仮に揃っていない場合は、揃えるまでにどれくらいの時間が必要かを逆算したうえで車検を予約する必要があります。

車検の予約時間に遅刻する

業者に車検を依頼する場合もユーザー車検の場合も、遅刻をするとたくさんの人に迷惑をかけることになってしまいます。お店によっては車検を断られることもありますので注意が必要です。

特にユーザー車検の場合は、業者の車検と違って手続きに時間がかかります。

陸運局に行くだけ車検が完了するわけではなく様々な書類の記入を求められます。

車検に限らず行き慣れないところに行く際は、時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

業者の車検にも注意が必要

車検の費用も表示の仕方によって高く感じたり安く感じたりするものです。

一般的に車検の時に支払うべき費用は、大きく分けて3つ「法定費用」「車検基本費用」「部品交換費用」に分けられています。

法定費用は国に支払うべき費用のことで、自動車重量税、自賠責保険、検査手数料が含まれます。

法定費用は一般的に車検費用の多くの割合を占めています。

車種ごとに費用が決められているのでどこで受けても費用は変わらないのが特徴です。

車検基本費用は、先程の法定費用とは違い、車検を受けるために必要な点検や整備を行うための費用です。

業者に車検を頼むか、ユーザー車検を行うかによって費用が異なります。

業者の中でもディーラー、自動車販売店、ガソリンスタンド、整備工場などの選択肢があり費用も大きく異なります。

また、車のエンジンオイルやブレーキパッド等の部品の交換が必要になった場合は追加の費用がかかってしまいます。

これが部品交換費用になります。

全く同じ車種でも車検費用に差がある場合は、この車検基本費用が異なっているからだと考えられます。

価格の表示の仕方によって安く感じてしまい、実際には損をしているということがよくあります。

車検費用の表示金額に惑わされるケース

車検費用で損をしているケースをご紹介いたします。

  • ケース1
    「車検基本費用」は他社よりも安く表記されているが、「車検基本費用」以外に「登録事務手数料」「継続検査料」「24ヶ月点検費用」が別で必要で、総額が高い場合。
  • ケース2
    他社とそれほど「車検基本費用」に差はないが、それ以外の費用が別料金になっており、総額が大幅に高くなってしまう場合。

    基本料金が安いと思ってもそれだけで予約してしまうと、損してしまう可能性があるので注意が必要です。
  • 無理に部品を交換させられるケース
    まだまだ注意すべきケースがあります

    部品の検査の際に「部品交換しないと車検に受からない」と言われて、まだ使える部品を交換させられるケースです。

    車検に受かる基準をご存じの方は心配ないかもしれませんが、車検の基準に詳しい方は、そう多くはないはずです。

    少しでも怪しいと思ったらすぐに調べて確認しましょう。
  • 見積もり際にはなかった項目が勝手に追加されているケース

    見積もりの際には記入されていなかった項目が勝手に追加されて、車検費用が高額になるケースです。車検時にもらった見積書を持参して、支払い時に相違が無いか確認することで防ぎましょう。

安心・安全!コバック枚方店のカミタケモータース

コバック枚方店のカミタケモータースなら、「勝手に部品を交換された…」なんてことは決してありません。

なぜならお客様立ち会いのもと車検を行っているからです。

予算を確認しながらお客様立ち会いのもと整備士がひとつひとつ整備個所をご説明いたし

ますのでお客様の予算に合った車検が可能です!

必要のない部品交換は行いません。まだ使える部品と交換すべき部品を事細かに説明いたします。

安心・安全の車検サービスでみなさまのカーライフを全力でサポートさせていただきます!

ぜひお気軽にお声掛けください!

コバック枚方店の料金・割引はコチラ

無料のお見積りはコチラ

車検のご予約はコチラ