コバック枚方店
ニュース

車検費用の内訳は?費用を抑えるポイントや注意点を徹底解説!

車検の時期が近づくと、費用を用意しておく必要が生じます。

「車検にはどんな費用がかかるんだろう?」
「費用の内訳はどうなっているんだろう?」

費用を計算していると、上記のように気になる方も多いです。車検費用は安くはないため、どのような費用の内訳なのか把握しておきたいです。

またできるなら、車両の維持費を抑える方法を知りたいもの。そこでこの記事では、車検費用や内訳、費用を抑える方法を詳しくご紹介します。

車検費用の内訳

費用 計算

車検費用の内訳をご紹介します。

  • 車検基本費用
  • 法定費用
  • 整備代

主に上記の3つに分けられます。どのような費用なのかご紹介します。

車検基本費用

車検基本費用とは、法定の定期点検費用、測定検査料、車検代行料のことです。

車検する工場によって費用が異なります。ディーラーなら高品質なサービスを提供する代わり、費用が高くなる傾向があります。

一方でカー用品店や車検専門店の場合、車検の整備作業がマニュアル化されてコスト削減され、低価格に設定されている場合が多いです。

法定費用

法定費用は、自賠責保険料、重量税、印紙代の3つで構成されている費用です。

車種ごとに金額が定められているので、どの業者で車検を受けても一律で同様の金額になります。

整備代

整備代は定期点検で交換が必要と判断された部品や整備の費用です。

摩耗する部品は、事前に交換する「予防整備」もあるため不要と判断した整備は行わないという選択肢もあります。

もちろん安心して車を運転するためには、限度まで摩耗しているかに関わりなく、同時に交換するとよい部品もあります。コストだけでなく、安全面を考えておくのはおすすめです。

車検を受けられる場所

整備

車検を受ける場所によっても、車検費用が異なります。

  • ディーラー
  • 車検専門店
  • ガソリンスタンド
  • カー用品店

主にこれらの工場や業者で車検を受けられます。車検費用の目安や特徴を見ていきましょう。

ディーラー

ディーラーで車検を受ける特徴は、安心して車検を依頼できるという点です。車検に不備がある、事故や故障に繋がるとメーカーの責任になってしまうので、より入念な検査を受けることができます。

またディーラーでは純正パーツを取り扱っており、ディーラーでしか得られない情報を持っているため、高品質のサービスを受けられます。一方で車検費用は高くなってしまうのがデメリットです。他の車検方法と比較しても数万円高くなります。

【車検費用の目安】

  • 軽自動車:約7万円~
  • コンパクトカー:約9万円~

費用が高い分、サービスがよくなり、次の車検まで安心して車に乗れます。ディーラーの担当者から車検時期の案内の通知が来るなど、車検時期をうっかり忘れてしまうことも少ないでしょう。

車検専門店

車検専門店は、車検を専門として取り扱っているので、バランスのよさが特徴です。スピード・価格・品質のどれをとっても高いレベルの車検を受けられます。

複数のコースがありますが、最短60分で車検が完了するプランもあり、忙しい方でも少しの時間で車検を受けられます。

車検基本費用が13,000円~20,000円の店舗が多く、車検費用も抑えられる工場です。ただし、検査項目に関係のない部品や予防整備を行わないケースが多いです。車検を通しても、必要部品の交換のために再度整備が必要になることもあるでしょう。

車検費用の目安は以下の通りです。

【車検費用の目安】

  • 軽自動車:約4万円~
  • コンパクトカー:約5万円~

費用を抑えて車検を受けられますが、予防整備を行いたいなら、見積もりの際にに部品交換が必要かよく聞いておくとよいでしょう。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでの車検の特徴は、利便性の高さです。給油の行うときに、車検の予約や見積もりをしてもらえます。自宅近辺のガソリンスタンドであれば、気軽に見積もりをしたり、車検の際に車を持っていけるでしょう。

ガソリンスタンドと提携している工場で、もしくは併設している整備工場で車検を実施します。費用の目安は以下の通りです。

【車検費用の目安】

  • 軽自動車:約4万円~
  • コンパクトカー:約5万円~

費用を抑えられますが、ガソリンスタンドによって技術や整備の質にばらつきがあるのが注意点です。代車を借りられるかも店舗によって違うので、確認が必要です。

土日祝日なども営業しているところも多いため、平日は時間が取れない方も車検を受けやすいでしょう。

カー用品店

カー用品店での車検も、費用が比較的安いのが特徴です。規模が大きなカー用品店なら、車検にも対応しているので、希望日に車検の依頼しやすいでしょう。

カー用品を数多く取り扱っているので、車検と同時に購入したり、取り付けてもらうこともできます。車検費用の目安は以下の通りです。

【車検費用の目安】

  • 軽自動車:約5万円~
  • コンパクトカー:約6万円~

注意点は、外車の取り扱いをしていなかったり、複雑な整備作業に対応できないケースもあることです。

店舗によっても技術力が異なるのも注意点です。車検を受ける前に確認したり、口コミを参考にするとよいでしょう。

車検費用を抑えるポイント

電球

車の維持にはお金がかかるので、誰もが車検費用をできる限り抑えたいと思います。

以下のポイントを考慮するとよいでしょう。

  • 車検基本料を比較する
  • 車検の見積もりをする
  • リビルド品に交換する
  • 日頃から点検する
  • 特典を利用する

項目別に気を付けるべきポイントを紹介します。

車検基本料を比較する

車検を安くするには、「どの業者に車検を依頼するか」が重要です。既述しましたが、車検費用の内訳は、車検基本費用、法定費用、追加整備費用があります。

法定費用はどの業者に依頼しても同じですが、車検基本費用は業者によって差があります。例えば、車検専門店やカー用品店では、低価格車検を実現していることが多いです。

一方でディーラー車検は、他の車検工場と比較して価格は高くなります。業者によって、約2~3万円の差があります。車検費用を抑えたいと思っているなら、車検費用の相場を考慮しながら整備工場選ぶのをおすすめします。

車検の見積もりをする

車検費用の見積もりを複数の業者にしてもらうだけでも、安く車検ができる業者が見つかります。車検基本費用の他に、自社で車検工場を持っていない場合の代行料、部品代や工賃が業者によって異なります。

交換する部品は同じでも、車検にかかる費用に違いが出ることも多いので、ご自身の納得できる車検を提供する業者を選択してみてください。

もちろん車検を受けるときには、価格だけでなく、整備の質や車検完了までのスピードも考慮するとよいでしょう。

リビルド品に交換する

車検の見積もりの際に、部品交換が必要ならリビルド品(使用済み部品を分解して再び組み立てた部品)の利用が可能か聞いてみましょう。純正部品と比較して費用を抑えることができ、品質も安心できる部品です。

一度利用されているといっても、消耗品や不良個所を交換しているので、新品同様の性能まで再生されています。

純正部品だけで修理したいという希望があるならおすすめできませんが、少しでも費用を抑えたいと考えているなら、リビルド品はおすすめです。

日頃から点検する

日頃からの点検も大切です。定期的に点検したり、オイル交換するなら、大きな修理が必要になる前に異変に気が付きます。

他の個所に影響が出る前に修理・交換すると、車の良いコンディションを維持できます。そのため、日頃から定期的なオイル交換をしたり、簡易点検を受けるようにしましょう。

特典を利用する

業者によっては特典が設定されている場合があります。早期予約割引など、早く予約をしておくと安く車検ができるなどです。

車検の期日が近づいているなら、早めに予定を立てて、予約しておくだけでも車検費用を抑えられます。

車検で注意したいポイント

ポイント

車検を受ける際に、注意しておきたいポイントをご紹介します。損をしたり、安心して車に乗るためにも以下の点に注意しましょう。

車検費用の表示金額

車検の見積もりで、表示金額に惑わされるケースに注意します。例えば、車検基本費用は安く表記されていても、「登録事務手数料」「継続検査料」「24か月点検費用」などが別で必要となり、総額が高いケースです。

他にも「車検基本費用」は他社とほとんど同じでも、それ以外の費用が別料金で総額が高くなるケースです。いずれの場合も、車検基本費用は安いと感じて予約してしまうと、総額が高くなります。総支払額がいくらなのか、よく確認しておきましょう。

所要時間と代車の有無

車検専門店のように車検に特化した工場では、60分ほどの所要時間で完了する場合もあります。一方で、ディーラーのように1日またはそれ以上かかる工場もあります。

1日以上かかるのであれば代車の有無の確認が必要です。慣れない代車に乗るのはイヤという方は短時間で車検が完了するところがおすすめ。色々な代車を楽しみたい方は事前にどんんな車に乗れるか確認してみるのも良いかもしれません。

交換部品の項目

予防整備と称して、交換が不要な部品まで交換させられるケースもあります。

車検に受かる基準や部品交換のタイミングをご存じの方は心配ないかもしれませんが、車に詳しくないと「本当に交換が必要だ」と感じてしまいます。

確かに予防整備をしておくなら、安心して車に乗れますが、その部品が本当に今すぐ交換すべきなのかよく聞いてみましょう。半年後、または1年後まで使えそうな部品なら交換を先延ばしにするのもよいでしょう。

整備工場の技術力の違い

整備工場の技術力の違いにも注意しましょう。ディーラーであれば、ブランドイメージを守るためにも、高品質なサービスを提供しているので安心できます。

しかし街中の整備工場やガソリンスタンド、カー用品店などのフランチャイズ店では、店舗によって技術力に差が出てしまいます。

安心して車の整備を依頼したいなら、認証工場でも技術力が高く、車検の検査用ラインを保持している「指定工場」を選択するとよいでしょう。運輸局長に整備の質が一定水準以上であると認められているので、品質の高い整備を期待できます。

必要書類の準備

車検を受けることを決めたなら必要書類を準備します。車検証など車に置いている書類もありますが、「自動車税納税証明書」のように、ユーザー自身で用意すべき書類があります。

自動車税を滞納していないこと、登録自動車であることなどの条件を満たせば省略できる書類ですが、軽自動車や納税情報が電子化されていないなら必要となるので事前に準備しておきましょう。

紛失した場合は、普通自動車なら各都道府県の自動車税事務所や支所で再発行の手続きします。軽自動車の場合には、市区町村の役所の税務課で再発行しましょう。

まとめ

車検費用は、大きく分けると以下の3つに分けられます。

  • 車検基本費用
  • 法定費用
  • 整備代

車検を受ける工場によって、車検基本費用が異なるため、希望するサービスに合わせて選択できるでしょう。車検費用を抑えたいなら、車検専門店やガソリンスタンドでの車検がおすすめです。もし高い品質の整備を期待するなら、ディーラーや「指定工場」に指定されている整備工場での車検がおすすめです。

車検費用の内訳をよく確認して、本当に交換が必要な部品かどうかを考慮するなら、費用を抑えながらも安心して車に乗れる整備を受けられるでしょう。

大阪・枚方の車検なら車検のコバック枚方店へ

車検費用を抑えながら車検を受けたいと思っているなら、車検のコバック枚方店がおすすめです。年間8,000台の車検を実施している豊富な経験を元に、お客様の予算に合わせて整備します。

整備士がお客様立ち合いのもとに、予算の相談をしながら整備。使える部品と交換すべき部品を細かく説明しますので、安心して車検を依頼していただけます。また追加の作業を含めても60分~90分ほどでお返しできるので忙しい方にも便利です。

24時間ネットからの予約が可能で、車検の実施で2年間オイル交換&簡易点検が無料など、豊富なサービスを提供しております。車検代金はカード支払いもOK(法定費用は現金となります)ですので、ぜひお気軽にお問合せください。

コバック枚方店HPはコチラ

無料のお見積りはコチラ

車検のご予約はコチラ

コバック枚方店の料金・割引はコチラ