コバック枚方店
ニュース

車検切れになったらどうなるの?車検切れの罰則と対処法を解説|車検のコバック枚方店

仕事や用事で忙しくてうっかりして、車検の有効期間を過ぎてしまった。

その場合、お持ちのお車は車検切れの状態になってしまいます。

車検が切れの状態で運転をすると、罰則が科されます。

この記事では、「車検切れで運転するとどんな罰則が科されるか」「車検切れになった場合、どうしたらよいのか」のを解説します。

そもそも車検とは?

そもそも車検とは何のために必要なのでしょうか。

車検の正式名称は「自動車検査登録制度」と言います。

車検の目的は、車の状態が「安全かどうか」をチェックすることです。

みなさんも、体の状態が「健康かどうか」定期的に健康診断や人間ドックを受けることがあると思います。

それと同様に、車の状態が運転するうえで「安全かどうか」チェックするために車検を定期的に受ける義務があるのです。

車検には、必ず定期的に受ける義務があるため、期間が定められています。

車検受ける期間は、新車であれば購入から3年後に受けることになります。

それ以降は、2年ごとに車検を受けることになります。

ですので、車を購入してから、3年、5年、7年、といったように車検を定期的に受けることになります。

車検に通るには国が定めた保安基準の条件を満たしている必要があります。

保安基準とは、車が「安全に運転できるか」を検査する基準のことです。

保安基準の具体的なチェック項目は、車両の長さ、車体のサイズ、前照灯・窓ガラス・バックミラーの仕様といった数多くの項目があります。

詳細は、国土交通省の定める「道路運送車両の保安基準」から確認できます。

車検でどんなことをチェックしているか気になったら、以下のURLから確認してみましょう!

https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr7_000007.html

 

この保安基準を満たすと、車は安全に運転できる状態と判断されます。

つまり、車検とは車が安全かどうかを確認するために行われる検査です。

 

車検切れの罰則は?

では、車検を受けないとどうなるのでしょうか?

車検を受けないと罰則を科されることになります。車検の有効期間は2年間です、

有効期間が切れた状態が車検切れの状態です。

この状態では、公道で車を運転できません。

 

車検が切れているだけでは罰則・罰金が課されることはありません。

ただし、車検切れの車で公道を走ると罰則・罰金が科されます。

車検切れで公道を運転すると、道路運送車両法に違反するため6点の違反点数が加算されます。以下にそれぞれのケース別の罰則・罰金をまとめました。車検が切れた状態になった時のためにも理解しておきましょう。

また、車検と同時に自賠責保険の契約も切れている場合もあるので、こちらも把握しておきましょう。

車検が切れている場合

車検切れで公道を運転した場合、道路運送車両法108条によって6ヵ月以下の懲役あるいは30万円以下の罰金を科されます。交通違反にも該当するので、違反点数6点と30日間の免許停止処分になります。

なお、行政処分は前歴回数が多いほど重くなります。

前歴回数が多いほど、免許停止期間の延長や免許の取消しになるケースがあります。

自賠責保険が切れている場合

自賠責保険の契約が切れた車を公道で運転した場合、自動車損害賠償保障法違反となります。1年以下の懲役あるいは50万円以下の罰金を科されます。

さらに、違反点数6点と30日間の免許停止処分となります。

車検と自賠責保険が切れている場合

車検切れかつ自賠責保険の切れた車を公道で運転した場合、罰則と罰金は合算されて1年6ヵ月以下の懲役あるいは80万円以下の罰金を科されます。行政処分も90日間の免許停止処分となり、1回でも前歴があると免許取消し処分となってしまいます。

 

車検が切れたときの対処法

仕事や日々の生活が忙しく、うっかりミスで車検切れになってしまった。そんな状態になってしまった方へ対処法をお伝えします。

とはいえ、車検切れの車で公道を運転しなければ罰則や罰金が科されることはありません。

時間とお金はかかりますが、対処をすることで、問題なくその後の行動を取れます。

車検切れになったときに行う対処法を4つご紹介します。

引き取りサービスを利用して車検に出す

時間が無くて忙しい方には、代引きサービスの利用がおすすめです。

代引きサービスは業者が自宅に直接車を引き取りにきてくれるサービスのことです。

車検終了後は自宅まで納車してくれます。

業者によっては自宅以外の場所を指定することもできます。エリア指定の店舗もあるため、事前に確認しておきましょう。 

車検が切れて公道を走れなくなったときに利用できる便利なサービスです。

仮ナンバーを発行して車検に出す

代引きサービスに対応していない業者も少なくはないです。利用できない場合の対処法を説明します。それが、仮ナンバー発行で車検に出すことです。

自分で仮ナンバーを取得すれば、車検切れの車でも整備工場へ移動させることができます。

 仮ナンバーを取得した後の数日間は、車検切れの車を公道で走らせることができます。

ただし、取得には自賠責保険の加入が必須条件です。

自賠責保険が切れている場合は短期の自賠責保険に加入しておきましょう。

仮ナンバーは各市区町村で申請できます。

申請には自賠責保険証、車検証、運転免許証、印鑑などが必要です。

仮ナンバーの申請をする時に、仮ナンバーの使用目的や期間、移動経路を申告する必要があります。申告内容以外の目的で車の運転はできません。覚えておきましょう。

 

廃車にする

車検切れになってしまった理由に、うっかりミスだだけでなく、長期の旅行や入院といった事情もあるのではないでしょうか。事情によっては、どうしても車検に出すことが難しい人もいらっしゃるはずです。

このように、一時的に車を使用する予定がなければ、廃車扱いにした方がよいかもしれません。廃車とは、車の解体することを指します。それ以外にも「永久抹消登録」や「一時抹消登録」といった選択肢もあります。

永久抹消登録とは車籍の抹消、すなわち永久的に車を手放すことです。

その一方、一時抹消登録とは一時的に車を手放すことを指します。

そのため、再度手続きをすれば車の所有者を自分に戻すことができます。

 

買い取ってもらう

車検が切れの状態の車は売却することができます。

いざ車検に通そうとしても車検が切れ状態の車は、仮ナンバーの取得費用や車検費用がかさんで10万円以上の出費になることがあります。 

以前から売却を検討していたのなら、すぐに売却の手続きをした方が良いと思います。

また、車検が切れの状態でも車の価値がマイナス査定になることはほとんどありません。

ですので、安心して買い取ってもらえます。

より高額査定をしてもらうためには、一日でも早く売却することがおすすめです。 

枚方市で車検を受けるなら車検のコバック枚方店

「枚方市で安くて品質の高い車検を受けたい」

そんな方はぜひ車検のコバック枚方店へお越しください!

車検のコバック枚方店は国の指定工場に認定されています。

国家資格を持ったプロの整備士が品質の高い車検を実現します。

お客様に立ち会いのもと、納得いく予算を提案します。

また、車検完了までのスピードにも自信があります。

当店では最短60分で車検を受けることができます。

そのため、車検を受けたその日にお客様のお車で帰ることが出来ます。

 

この記事を読んで車検のコバック枚方店で

車検を受けてみたい・見積もりを実施してみたい・エアコンフィルターの交換を依頼したい

と思った方は下記からぜひ気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

コバック枚方店HPはコチラ

無料のお見積りはコチラ

車検のご予約はコチラ

コバック枚方店の料金・割引はコチラ