コバック枚方店
ニュース

車検切れになったらどうなるの?車検切れの罰則と対処法を解説

車を所有していると絶対に必要になるのが車検です。しかし仕事や用事で忙しくてうっかりして、「車検の有効期間を過ぎてしまいそう」になってしまうこともあります。

その場合、お持ちのお車は車検切れの状態になってしまいます。車検切れの状態で運転をすると、罰則が科されます。車検が切れただけなら問題ありませんが、公道を走行すると違反です。

この記事では、「車検切れで運転するとどんな罰則が科されるか」「車検切れになった場合、どうしたらよいのか」のを解説します。

車検が切れたらどうなる?

車検証

車検が切れただけでは違反にはなりませんが、公道を走行すると違反になります。

車検切れで公道を走行すると罰則が科されますし、自賠責保険に加入していないことから、さらに重い処罰の対象となります。

車検切れで走行すると罰則

では、車検を受けないとどうなるのでしょうか?

車検の有効期間は新車から3年、その後は2年間です。そしてこの有効期間が切れた状態が車検切れの状態です。車検が切れた状態では、公道で車を運転できません。

ただし、車検切れが問題ではなく、車検切れの車で公道を走ると罰則・罰金が科されます。

車検切れで公道を運転すると、道路運送車両法に違反するため6点の違反点数が加算されます。

以下にそれぞれのケース別の罰則・罰金をまとめました。車検が切れた状態になった時のためにも理解しておきましょう。

また、車検と同時に自賠責保険の契約も切れている場合もあるので、こちらも把握しておきましょう。

車検が切れて公道を走行した場合

道路運送車両法108条によって6ヵ月以下の懲役あるいは30万円以下の罰金を科されます。

交通違反にも該当するので、違反点数6点と30日間の免許停止処分になります。

なお、行政処分は前歴回数が多いほど重くなります。前歴回数が多いほど、免許停止期間の延長や免許の取消しになるケースがあります。

また刑事処罰を受けるなら、初犯であれば略式裁判で罰金処分になることが多いですが、前科によっては正式裁判になる可能性もある重大な違反です。

自賠責保険が切れている場合は重くなる

自賠責保険の契約が切れた車を公道で運転した場合、自動車損害賠償保障法違反となります。1年以下の懲役あるいは50万円以下の罰金を科されます。

さらに、違反点数6点と30日間の免許停止処分です。

車検切れかつ自賠責保険の切れた車を公道で運転した場合

罰則と罰金は合算されて1年6ヵ月以下の懲役あるいは80万円以下の罰金を科されます。

行政処分も90日間の免許停止処分となり、1回でも前歴があると免許取消し処分となってしまいます。

悪質な違反と判断されると、交通刑務所に入る可能性もあるほどの違反です。

車検切れの車が走行すべきでない理由

違反

すでに解説したように、車検切れの車で走行すると、罰則が適用されるほどの違反になります。

それだけでなく、事故でも保険が適用されなかったり、免許はく奪や逮捕に至る可能性もあります。

保険が適用されないリスク

自賠責保険とは、交通事故被害者を救済するための保険で、強制保険とも言われるほどすべての車に加入が義務付けされている保険です。

車検の際に一緒に加入しており、車体番号で管理されているので、車検を受けて入れば加入している保険です。しかし車検切れということは、自賠責保険も切れていることがほとんど。交通事故の被害者が自賠責保険に請求することはできません。

また任意保険には加入していたとしても、自賠責保険で賄える部分は対象外となるケースも考えられます。もし約款に無保険車の事故には保険を適用しないと記載されているなら、対人・対物の両方が保険適用外となりえます。

万が一事故が発生すると、通常の事故とは比べ物にならない大きな問題が生じるのです。

法律違反で処分される

車検切れの車を走行させた場合には、前歴がない場合は6点の減点で、免許停止処分になります。前歴があるなら免許はく奪の可能性もありますし、故意と判断された場合には逮捕の可能性もありえます。

通常車検切れで逮捕されることは少ないものの、行政処分と刑事処分の両方が対象となると、逮捕されて懲役刑に科される可能性もあるのです。そのため、少しの距離であっても車検切れの車を移動させてはなりません。

車検が切れる時期と確認方法

車検が切れる時期は、以下の通りです。

車両区分 新規検査 継続検査
軽乗用車・普通・小型乗用自動車 3年 2年
自動二輪車 3年 2年
普通貨物自動車(車両総重量8トン未満) 2年 1年
普通貨物自動車(車両重量8トン以上) 1年 1年
軽貨物自動車 2年 2年

車検の時期は、車検証やフロントガラスの車検標章で確認できます。

車検が切れた車の対処法

仕事や日々の生活が忙しく、うっかりミスで車検切れになってしまった。そんな状態になってしまった方へ対処法をお伝えします。

時間とお金はかかりますが、対処をすることで、問題なくその後の行動を取れます。

車検切れになったときに行う対処法を4つご紹介します。

引き取りサービスを利用して車検に出す

時間が無くて忙しい方には、代引きサービスの利用がおすすめです。

引き取りサービスは業者が自宅に直接車を引き取りにきてくれるサービスのことです。積載車などで引き取りしてくれて、車検終了後は自宅まで納車してくれます。

業者によっては自宅以外の場所を指定することもできます。エリア指定の店舗もあるため、事前に確認しておきましょう。 車検が切れて公道を走れなくなったときに利用できる便利なサービスです。

仮ナンバーを発行して車検に出す

自分で仮ナンバーを取得すれば、車検切れの車でも整備工場へ移動させることができます。仮ナンバーを取得した後の数日間は、車検切れの車を公道で走らせることができます。

ただし、取得には自賠責保険の加入が必須条件です。自賠責保険が切れている場合は短期の自賠責保険に加入しておきましょう。

仮ナンバーは各市区町村で申請できます。申請には自賠責保険証、車検証、運転免許証、印鑑などが必要です。

仮ナンバーの申請をする時に、仮ナンバーの使用目的や期間、移動経路を申告する必要があります。申告内容以外の目的で車の運転はできません。覚えておきましょう。

廃車にする

車検切れになってしまった理由に、うっかりミスだだけでなく、長期の旅行や入院といった事情もあるのではないでしょうか。事情によっては、どうしても車検に出すことが難しい人もいらっしゃるはずです。

このように、一時的に車を使用する予定がなければ、廃車扱いにした方がよいかもしれません。廃車とは、車の解体することを指します。それ以外にも「永久抹消登録」や「一時抹消登録」といった選択肢もあります。

永久抹消登録とは車籍の抹消、すなわち永久的に車を手放すことです。その一方、一時抹消登録とは一時的に車を手放すことを指します。そのため、再度手続きをすれば車の所有者を自分に戻すことができます。

買い取ってもらう

車検が切れの状態の車は売却することができます。いざ車検に通そうとしても車検が切れ状態の車は、仮ナンバーの取得費用や車検費用がかさんで10万円以上の出費になることがあります。

以前から売却を検討していたのなら、すぐに売却の手続きをした方が良いでしょう。また、車検が切れの状態でも車の価値がマイナス査定になることはほとんどありません。

ですので、安心して買い取ってもらえます。より高額査定をしてもらうためには、一日でも早く売却することがおすすめです。

車検切れの車が車検を受ける費用

車検切れの車の車検を受けるなら、車検に必要な費用が気になる方も多いです。通常の車検に必要な法定費用や整備費用の他に、車の移動のための費用が必要です。

法定費用

車検に必要な費用として、法定費用があります。これは自賠責保険や重量税、印紙代などで車検が切れていない車でも必要な費用です。車検が切れたからといって、高くなるわけではありません。

車検費用はこちらをご覧ください。

⇒車検の料金表

整備費用

車検の基準を満たすための、整備費用も必要です。これも車検切れになったからといって、高くなるわけではありません。しかしメンテナンスをしないで長期間放置していたのであれば、状態が悪くなっていることも考えられ、通常よりも整備費用が高くなる可能性はあります。

車検の際によく交換する部品については、こちらの記事もご覧ください。
⇒車検で必要な交換部品は何?走行距離が多いと車検費用が高くなる理由

車の移動費用

車検切れの車は公道を走行させることができないため、何らかのの方法で移動させる必要があります。

  • 積載車での運搬
  • 仮ナンバーを取得して自走

積載車での運搬なら、業者によって異なるものの1万円以上必要となるケースが多いです。また積載車を用意している整備工場に依頼する必要があるため、基本的に仮ナンバーを取得しての自走がおすすめです。

枚方市で仮ナンバーを取得するのは、750円となっており、許可期間は最大5日間となります。一時的に仮ナンバープレートを取得すれば公道を走行できるため、こちらの方法がおすすめです。

車検切れの車が車検を受ける手順

車検切れの車も含めた、車検の流れをご紹介します。

基本的に以下の流れで車検を受けていただきます。

予約

ご予約はWeb上で24時間いつでも可能です。仮ナンバーの期間は、最大5日間となっています。車検切れのお車の場合には、事前に仮ナンバーを取得する時間も考慮してご予約ください。

来店・車検受付

受付票に必要事項をご記入ください。またお車の不調など気になる点があれば、お気軽にスタッフにお伝えください。

作業待ち時間

長期間動かしていないお車の場合には、通常車検が完了する90分以上かかる可能性もあることも念頭に置いてください。整備内容や時間については、受付の際にご確認ください。

点検・整備

法定24か月点検の他に、追加整備を行えます。実際に検査ラインや整備の内容を見ていただくこともできますので安心です。

清算・お引渡し

法定費用は現金でのお支払いですが、整備費用はカード支払いにも対応しています。お客様の要望に合わせたお支払い方法を選択していただけるので、ご相談ください。

車検の流れの詳細はこちら

枚方市で車検を受けるなら車検のコバック枚方店

rhdr

枚方市近郊で車検を受けるなら、安い・安心・速い!最短60分のスピード車検に対応しているコバック枚方店にお任せください。

軽自動車なら38,280円~の地域最安値で車検を受けていただけます。年間8,000台の車検実績を活かして、経験豊富なスタッフが安心の立ち合い車検を実施いたします。

車の不調や不安な点があれば、相談に乗りながら予算に合わせた整備をご提案するのでご安心ください。当日車検にも対応できるケースが多いので、「今日車検が切れそう!」という場合でもご相談ください!

また車検実施なら2年間オイル交換&簡易点検が無料です。車検後のアフターメンテナンスもお任せいただけます。

コバック枚方店HPはコチラ

無料のお見積りはコチラ

車検のご予約はコチラ

コバック枚方店の料金・割引はコチラ