コバック枚方店
ニュース

車の法定点検は車検とどう違うの?費用、期間、内容の違いを解説|車検のコバック枚方店

車検を受ける際に、法定点検という言葉を聞いたことはありませんか?

車検のことを知っていても法定点検のことはよくわからない。

そもそも、それって、受けないとどうなるのか?といったことまで知っている方は少ないと思います。今回は、法定点検について、車検との費用や期間、内容の違いについて解説します。

法定点検と車検の違い

法定点検とは

法定点検は、法律で定められていす。車を所有し、実際に運転する人は道路運送車両法の第48条によって定期点検整備をとして点検を受ける義務が明記されています。

法定点検は、国土交通省が定めた技術上の基準です。目的としては車が「安全に運転ができるか」「故障やトラブルの原因がないか」を点検します。点検個所の不具合や故障に応じて整備しなければならないのが法定点検です。

詳しい内容については「道路運送車両法第47条の2(定期点検整備)」「道路運送車両法第48条」にて定められています。

法定点検は1年ごとに行う12か月(1年)点検と2年ごとに行う24か月(2年)点検があります。点検の内容は12か月(1年)点検と24か月(2年)点検はそれぞれ点検の項目は異なります。他にも3か月点検と6か月点検があります。これらは、バス、タクシー、レンタカーといった事業用自動車または貨物自動車に義務付けられています。

法定点検の中でも、24か月点検は車検と同時に行われています。

法定点検と車検の違い

法定点検と車検はは似ているように思われますが、内容と目的は異なります。

法定点検は車が故障なく快適に走れるかどうか確認するものです。

車検は車が保安基準に適合しているかを検査するための制度です。

具体的に「エアクリーナーエレメントの状態」は法定1年点検の項目に含まれています。

エアクリーナーエレメントが目詰まりしてしまえば、エンジンは十分な空気を吸い込むことができません。この状態になるとアイドリングが安定しません。不完全燃焼の可能性もあるため、燃費の悪化に繋がってしまいます。

一方で、車検では内容が異なります。車検においては排気ガス検査を行います。しかし、エアクリーナーエレメントの状態を確認したり、吸気の状態をチェックしたりはしません。このように、安全で快適に車を走らせるためには車検だけでは不十分なのです。

その車が持つ快適な走行性能を維持するためには法定点検や日常の点検を実施することが大切になのです。

 

法定点検にかかる時間と費用

各法定点検では、それぞれの点検にかかる時間や費用には差があります。さらに、法定点検の費用は依頼する業者によって大きく異なります。ここでは、「法定12か月点検」の費用を説明します。

法定12か月点検にかかる時間と費用

法定12か月点検では、点検項目が多いです。そのため、所要時間が「早くて2~3時間、通常半日~丸一日」なります。

車種ごとでの費用の相場目安は下記の表のとおりになります。下記の表は「平成27年度 車検以外の定期点検・整備料金実態調査【全国】」をもとに作成しました。

 

(参考:『平成27年度 車検以外の定期点検・整備料金実態調査【全国】』

 

あくまでもこの値段は、相場の目安っで、車両によって異なります。

受ける際にはメリットや費用を考えたうえで受けるかどうか考えましょう。

 

法定点検を受けるメリット

法定点検を受けることでどんなメリットがあるのでしょうか?

法定点検を受けるメリットは、主に3つあります。

その3つは、「メーカー保証の対象になる」「運転者の法的責任が軽くなる場合がある」「下取りや買取時の査定評価が上がる」の1つです。

1つ目のメリット、「メーカー保証の対象になる」を説明します。

12か月点検を受けていればメーカー保証の対象になります。もし、法定12か月点検の点検項目の対象となっている部品や装置に故障や不具合がある場合にはメーカー保証が利用できます。メーカー保証は「法定12か月点検を受けていること」を前提としているいます。そのため、何かがあった時のために法定点検を受けておくと安心できるでしょう。

ただし、自動車の保有者に重大な過失がある場合は適用されません。

2つ目のメリット、「運転者の法的責任が軽くなる場合がある」を説明します。

法定点検を受けていれば、整備不良が原因となって事故を起こした場合、ドライバーの法的責任が軽くなる可能性があります。

そのため、万が一の備えのために法定12か月点検は有用といえます。

3つ目のメリット、「下取りや買取時の査定評価が上がる」を説明します。

 法定12か月点検を受けていると、下取りや買取時の査定評価にも影響します。法定点検は点検整備記録に記録されます。点検整備記録には、修理や点検履歴やその時々の自動車の状態が分かるじ重要な書類です。

 なぜ、下取りや買取時の評価が上がるかを説明すると、安心感が高いからです。

たとえ、同じ年式と走行距離の車だとしても定期点検を受けた車の方が過去の点検記録を把握できます。他の車と比較すると、評価が高くなります。

法定12か月点検を受ける頃は、下取りや買取は頭にないかもしれません。

しかし、「車を手放すときの手段を増やす」という視点から、法定12か月点検を受けたほうがいいと言えます。

枚方市で車検を受けるなら車検のコバック枚方店

「枚方市で安くて品質の高い車検を受けたい」

そんな方はぜひ車検のコバック枚方店へお越しください!

車検のコバック枚方店は国の指定工場に認定されています。

国家資格を持ったプロの整備士が品質の高い車検を実現します。

お客様に立ち会いのもと、納得いく予算を提案します。

また、車検完了までのスピードにも自信があります。

当店では最短60分で車検を受けることができます。

そのため、車検を受けたその日にお客様のお車で帰ることが出来ます。

 

この記事を読んで車検のコバック枚方店で

車検を受けてみたい・見積もりを実施してみたい・エアコンフィルターの交換を依頼したい

と思った方は下記からぜひ気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております。

コバック枚方店HPはコチラ

無料のお見積りはコチラ

車検のご予約はコチラ

コバック枚方店の料金・割引はコチラ