コバック枚方店
未分類

車検で得する方法は?費用負担を抑える方法や業者選びのポイント

車の維持にはさまざまな費用が必要ですが、乗用車の車検は新車から3年、その後は2年ごとに必ず受ける必要があります。

法定費用は一律ですが整備費用が業者によって異なったりするため、お得に車検を受けられないかと考えるものです。そこでこの記事では車検で得するために知っておきたい費用項目や、得するための業者選びのコツをご紹介します。

車検で得するためのポイント

  • 費用の内訳を理解する
  • 業者別の特徴を知る
  • コンディションに合わせた業者選びをする
  • ユーザー車検を検討する

車検で得するための秘訣は?

車検で得するためには、どのような費用の内訳になっているかを理解して、費用を抑えられる秘訣を知っておく必要があります。

法定費用は一定額必要となりますが、整備費用は業者によって異なること、また場合によってはユーザー車検を検討できることを覚えておくとよいでしょう。

業者への依頼を検討していても、早めに予約して割引を受けたり、整備内容を検討したりして、費用負担を抑えられます。

いずれにしても、車両のコンディションによって得する方法は異なることを覚えておきましょう。

車検は車の状態を確認できるよい機会となります。安さだけでなく信頼できる業者を見つけて依頼することをおすすめします。

車検時の安さと安心のバランスについてはこの記事をチェック⇓

そもそも車検とは?必要な項目や費用

車検で得する方法について理解する前に、車検の基礎を抑えておきましょう。

車検にかかる費用は以下のものです。

  • 法定費用
  • 整備費用

これらに車検の手数料などを含めたものが、全体の車検費用となります。

定期的に検査するもの

そもそも車検と呼んでいるものは「自動車検査登録制度」といい、略して車検となっています。これは、公道を走る車が保安基準を満たしていることを確認するためのもので、検査に合格すると自動車検査証が発行されます。

車検の有効期限は車種によって異なりますが、自家用乗用車の場合には新車から3年、2回目以降は2年です。

新車を登録する際の検査、もしくは使用を中断した後に再度使用するときの検査が「新規検査」、自動車検査証の有効期限が満了してから引き続き使用する際の検査は「継続検査」と呼ばれます。

車検に通ると、自動車検査証の他に検査標章が交付され、前面ガラスの目立つ位置に貼り付けておく必要があります。

法定費用は一定額必要

車検の法定費用は一定額が必要となっており、依頼先の業者に関係なく必要です。

法定費用は、以下の3つに分けられます。

  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 印紙・証紙代

自動車重量税
車検時に車の重量に応じて納める税金です。エコカー減税適用車は重量税が異なるため安くなっています。

自賠責保険料
強制保険ともいわれますが自動車使用者が必ず加入する保険です。

印紙・証紙代
手数料となる費用で、国や陸運事務局に納付する費用です。

車の大きさによって費用が異なっていますが、さらに詳細な点はこちらの記事をチェックしてください。

車検費用の内訳は?費用を抑えるポイントや注意点を徹底解説!

整備費用は車両によって異なる

車検費用を左右する要素として大きなものは、整備費用です。車検は保安基準を満たしているか確認するものですが、当然基準を満たしていないなら整備が必要となります。

一般的には、エンジンオイルやブレーキフルード、消耗している場合にはブレーキパッドなどの交換があるでしょう。

また、ドライブシャフトブーツなどのゴム部品は、経年劣化するものなので、車検時に破損が見つかれば交換します。

このように追加整備は車両の経過年数や走行距離によって大きく変化するのです。新車から3年目の車検ではほとんど調整と消耗品の交換が多いですが、10万kmを走行している車では、数多くの部品の交換が必要です。

また、日頃から整備をしていない車は、車検時に整備内容が重なって費用も高くなるケースもあります。

車両のコンディションだけでなく、普段のメンテナンス具合によっても整備費用は異なります。

得するにはユーザー車検?

車検費用を抑えたい方が思いつくのは、ユーザー車検でしょう。確かに自分で整備や点検をして、陸運局に持ち込めば法定費用のみで車検を受けられます。

しかしユーザー車検をする前に、メリットとデメリットを考慮しておくと安心して車に乗れるでしょう。

ユーザー車検のメリット

ユーザー車検のメリットは、費用を抑えられることでしょう。自分で車検場に持ち込んで車検を受ければ、車検料や整備費用がかからずに車検を受けられます。

業者に依頼するときと比較して、数万円ほど安くなることが多くなります。また、業者に依頼した場合と異なり、自分で整備や点検をするため、自分の車のコンディションをより詳しく把握できるでしょう。

さらに、自分で車検を受けられるようになれば、他の車を所有しているなら経験を重ねて自分で手際よく整備を行い車検を受けられます。

ユーザー車検のデメリット

ユーザー車検のデメリットとして、平日に車を持ち込む必要があります。会社員として働いているなら、平日に時間を取って車検を受けるのは難しいこともあるでしょう。

また、車検を受ける前に、事前に点検や整備を行います。これにも時間や手間、技術も求められます。経験があるなら問題ないものの、慣れない整備を行おうとするなら、さらに時間がかかるでしょう。

整備に必要な工具を用意しなければいけません。普段から整備をするなら問題ないものの、車検のために専門工具を購入するのはコスパがよいとはいえないでしょう。

ユーザー車検で検査に合格しなかった場合は、整備をしてから再検査します。自分で整備ができないなら、業者に依頼することとなりますし、追加費用が掛かる可能性があります。

得するための車検業者選び

車検業者を選ぶときには、安く整備してもらえる業者を選ぶこと、また整備内容を相談しやすい業者にすることがポイントとなります。

安く整備してもらえる業者を探す

車検費用の内訳として法定費用は一律となることは説明しましたが、整備費用は業者によってさまざまです。

部品交換に必要な工賃は業者によって計算方法がさまざまです。一般的に部品交換などの作業を依頼すると、レバレートと呼ばれる1時間当たりの規定工賃にもとづいて計算します。

そのため、作業工賃が業者によって異なるので、整備費用が異なってくるのです。作業の見積もりをしてもらうと、業者ごとの費用目安が分かるでしょう。

もちろん整備費用は抑えられる方が財布の負担は少ないものの、車の整備は命を乗せて走っている車をメンテナンスしていることは忘れないようにしましょう。

整備工場にはたくさんの設備や工具が必要です。さらに働いている人の給料なども支払う必要があります。

これらのコストは、整備工場の場合には、主に作業工賃から捻出されています。妥協して作業すると命にかかわる危険性があるため、高い「技術」と「信頼」にお金を払っているのです。

安心はお金に変えることはできないため、本当の意味でのお得はどちらなのか考えてみるのをおすすめします。

整備内容を相談できる業者にする

整備内容を相談できる業者に車検を依頼するのは、おすすめの方法です。車検の見積もりをすると、一見すぐに交換しなくてもよい部品まで見積もりに含める業者もいるのも事実です。

部品の役割を理解しているなら、車検後の完全に摩耗する前に交換すればよいと判断できる部品もあります。しかし整備内容をさらに多くするために、今すぐに交換が必要だと勧めてくるのです。

予防整備の範囲であれば問題ないものの、交換してまもないバッテリーまで見積もり内容に含められていたケースもあります。

そのため、見積もりを取ったなら、予算や希望する整備内容に合わせて親身に相談に乗ってくれるのか確認してみましょう。

誠実に、そして親身になって相談に乗ってくれる業者なら、本当の意味でお得に車検を受けられるでしょう。

枚方近郊で得する車検ならコバック枚方店へ

枚方近郊でお得に車検を受けたいなら、コバック枚方店をおすすめします。最短60分のスピード車検ですし、地域No1の最安値で軽自動車なら38,280円〜の費用です。

お得な割引もご用意しているので、ぜひお早めに予約していただくことをおすすめします。

コバック枚方店がおすすめの理由!

1:年間8,000台の豊富な実績

車検台数が年間8,000台と圧倒的な多さを誇っています。

2:地域最安値で車検が受けられる

独自のルートで部品を仕入れしたり、予算と相談しながら車検を受けられます。

3:立ち合い車検で安心

担当整備士が車を一緒に確認して、整備状況を説明します。見えていない部分まで、しっかり確認していただけます。

コバック枚方店では、Web上で24時間いつでも車検予約を受け付けています。また、お支払いはカードなども取り扱っているため、支払いに不安がある方でも安心です。

※法定費用は現金での支払いとなります。

スマホでも簡単に予約できるため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

\年間8,000台の実績/
コバック枚方店